読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名建築家に依頼して注文住宅が出来るまで

ローコストではないものの、予算ぎりぎりのこだわりの家造り。完成までの苦労話や注意点などをご紹介。2015年8月完成しました。

見積もりが出ました。



間取りが決定してから本格的な実施設計に入り、それが完了したのが2013年の12月頭でした。

設計依頼したのが8月の終わりだったので、ここまでくるのに3ヶ月半くらい。

割と順調に進んでいたのかもしれません。

そもそも有名な建築家なのに待ち期間なしで設計ができたこと、本当に運が良かったと思っています。

 

さて、実施設計図面をもとにいよいよ見積もりをとることになりました。

工務店の候補は設計事務所がいくつかチョイスして、そのうちの5社くらいに相見積もりを出してもらいました。

 

12月の始めに見積もりをお願いしたので、年末くらいにはあがってくる予定。

いったいいくらになるのか。

予算は3000万円。果たしておさまるのか。

 

…がしかし、年末になっても何の連絡もありません。

しびれを切らしてこちらから設計事務所へ連絡してみると、

「年末なので工務店も忙しくて見積もり提出が遅れています。年明けくらいから出てくると思います。」

とのこと。

…もんもんとしながら年を越すことになったのでした。

 

そして2014年1月中旬。

そろそろ見積もり出たかな?と思い設計事務所へ連絡。

早速状況を聞いてみると、

 

「見積もり、出るには出てきたんですけど…」

 

 

 

 

「最安のところで4600万です。」

 

 

…は?…よ、よんせんろっぴゃく…???

 

え、うち、木造二階建てのちっこい家なんですけど。

土地より建物代が高いんですけど。

まさかの1600万オーバー。

もう絶望よりも先に、乾いた笑いが止まらなかったです。

 

f:id:emalisa:20150715143744p:plain

うち、建たないかもしれない…。本気で思いました。

 

ここで設計事務所の担当者が、

「ここから減額調整して何百万かは下げられると思いますが、やはり地下があるので高くなってしまって…」

 

 

 

「地下があるので高くなってしまって」

 

 

 

………地下を提案したのはお前だー!!

やっぱり予算におさまらないじゃん!!

コスト管理能力なさすぎだー!!

うわーん。

 

減額案も出してもらいましたが、全然下がらないんですよ。これが。

震災の影響もあり、資材の高騰と、人材不足が止まらないんだとか。

3000万円だと、箱しかできない。中はからっぽ。

そんなのでは建築家に頼んだ意味もない。

どうすればいい?

地下室なくす?

でもなくしたら書斎もなくなって、また振り出しに戻るよ。

一度手に入れかけた(夢を見た)ものを捨てるって、けっこう酷なことですね。

主人のテンションはだだ下がりです。

 

我が家最大のピンチ!!

 

続きます。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村