読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名建築家に依頼して注文住宅が出来るまで

ローコストではないものの、予算ぎりぎりのこだわりの家造り。完成までの苦労話や注意点などをご紹介。2015年8月完成しました。

柳生の庄

おはようございます。旦那です。

皆さんGWいかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家は伊豆へ旅行にいってきました。、

そこでお邪魔した修善寺「柳生の庄」という旅館のご紹介です。

今までは泊まるところなんて安さ重視という考え方だったんですけどね〜

自分の家に負けない所に泊まりたいという欲望に負けて、
今回は高いところに1日だけ泊まってみようと。

エントランスからやられました。

張り詰める心地よい緊張感


エントランスを曲がるといきなり現れる静謐な縁側



長いアプローチを抜けると辿り付く九重の間

部屋に入ると目に飛び込んでくるのは素晴らしい庭

玄関から部屋に辿り付くまでに用意された一輪挿し、土壁の絶妙な色遣い、照明計画全てがこのために用意された演出だったのかと


はぁ〜…(溜息

至る所に設置された剣持勇のアームレスチェアの座り心地の良さ

掛け軸まで素晴らしい


もちろんのように庭がメインの空間構成


絶妙な暗さの半露天

f:id:emalisa:20160508225548j:image

なんだこの出来の良さ

通路にも手を抜かない徹底ぶり

f:id:emalisa:20160508225620j:image

露天風呂は滝まで完備

f:id:emalisa:20160508225654j:image


完璧

で、こんな数寄屋造り全開の中、何気に水栓がvolaだったり、jieldeのフロアランプが置いてあったりするわけです。

憎い。

設計、大工、左官、庭師全員が良い仕事しすぎです。

ホスピタリティと食事もまた素晴らしい。
写真では伝えられません。
とにかく行ってみてほしいです。
ある水準を超えた建物、ホスピタリティ、料理が組み合わさることで、ここまで景色が変わるのかと。
ホテルというものの一つの極地を見た気がしました。

旅行の醍醐味は惰性の2泊3日より全力の1泊2日にあったようです。
今度から泊まるところはちゃんと選ぼうと思います…

あ〜次は紅葉の季節に離れに泊まりたい…
仕事頑張る!

我が家がCMに出ていた件

こんにちは!あさきちです。

お久しぶりです。

年度末まで仕事が忙しく、ブログを完全に主人に任せっきりにしていました。

ブログ仲間の方々のブログにもコメントの一つもできておらず申し訳ありません!

でも欠かさず読んでおりますので!!

 

さてさて、昨日のことですが、

何気なくテレビを見ていたら、いきなりこのCMが流れてきて衝撃を受けました。

 

 

 


「考えよう。答はある。」『白い箱』篇60秒

 

ヘーベルハウスのCMなのですが、

 

…え、これうちじゃない!?

 

目が釘付けになりました。

 

まあ、よく見たらうちじゃなかったんですけど笑

 

あまりにも似ていたのでびっくりしました!!

 

 

この存在感…もとい、普通のお家が並ぶ住宅街でどう考えても家には見えない白い箱の

違和感…完全にうちと一緒笑!!

 

我が家の外観は公開していませんが、大体こんな感じだとおもっていただければ

間違いありません!

 

しかしこのCMが伝えたいのは、

「都心の狭小地でいかに自分らしい住みやすい家を作るか…今はまだ答えは出ていないから、一旦真っ白い状態から答えを一緒に探していきましょうよ」

っていうことだとざっくり解釈したのですが、

この真っ白い状態がそのまま家になった我が家って一体…笑

 

白い箱の家、悪く無いですよ笑 

 

↓↓↓記事を書く励みになりますので、よろしければ下のボタンをクリックお願いします!↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

夕方に差し掛かる時間帯の光が生み出す陰影の話

直射日光が部屋から抜けて、

これから夕方に差し掛かろうとする時間帯。

大体16時近辺の光の加減がとても好きなんですよね。

光が回らなくなって、この闇が混じってくる感じ。

f:id:emalisa:20160405190945j:plain

マットなステンレスの淀み具合

f:id:emalisa:20160405191235j:plain

天板の反射と他のコントラスト

f:id:emalisa:20160405191228j:plain

白い壁のグラデーション

f:id:emalisa:20160405191246j:plain

闇を含む植物

 

陰翳礼讃

もう紹介するまでもない有名本ですが、

日本人が培ってきた陰影に対する美意識を教えてくれる

明るい家じゃなくてもいいんだよ

と背中を押してくれる本です。 

 

のっぺり明るい家よりも

いかにして

美しいグラデーションを作りだすのか

どうコントラストをつけていくのか

ダイナミックレンジは広めで

白は白く、

深い黒に満たされた家。

 

家を作ってから、

もっと黒い部屋が一個はあってもいいな

と思うようになりました。

 

光が早く減衰してしまうので、

どうしても暗くなりやすいから、

西洋化してしまった現代人には黒い内壁って中々勇気いりますが、

闇に体を埋めたい時って無いですかね?

私はしょっちゅうなんですが(苦)

 

特にバスルームとかをこんな感じで

f:id:emalisa:20160405201908j:plain

マットでムラ感のあるポーターズペイントや炭入りモルタルなどで仕上げて、

照明はトップライト一個とフロアランプ一本だけ。

体に良い影が纏わり付きそうです。

 

やり過ぎるとただの怖い部屋になってしまうので程々に。

 

後はやるなら書庫とか。

黒はノイズを消してくれるから

ものがいっぱいあるところに。

SN比を上げるための黒い部屋。

 

欲しい〜。

 

 

↓↓↓記事を書く励みになりますので、よろしければ下のボタンをクリックお願いします!↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ