読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名建築家に依頼して注文住宅が出来るまで

ローコストではないものの、予算ぎりぎりのこだわりの家造り。完成までの苦労話や注意点などをご紹介。2015年8月完成しました。

WEB内覧会にはsd quattroのSFDモードが良さそう



f:id:emalisa:20170330144852j:image

 f:id:emalisa:20170330144925j:image

リカちゃん…

 

 

次女の手によってにあられもない姿に…

 

子供の遊びは容赦ないです。

 

 

さて、あさきちさんは一向に記事を書く気配がありません。

 

旦那です。そろそろブログ変えようかと画策中です。

 

今日はカメラの話題です。 

 

いつもsigmaのsd quattroというこんなカメラ

レンズとセットで10万ちょいで買えるのに5Dの画質を軽く飛び越えてくる謎カメラ。

基本ISO100の画質以外許せないし、通常の室内使用だとISO100でもノイズが炸裂するし、たまに色ぶっ壊れるし、AFも大して速くないし、EVFの質も悪すぎるし、と文句は結構並べられるのですが、当たったときの絵がぶっ飛びすぎてて、そんな欠点も全てが可愛いと許せてしまう本当に謎のカメラです。ちょっと便利になったフィルム機みたいな印象です。

DNGも使えるようになって、ようやく人に勧められるようになってきました。(いや、やっぱりまだ勧められないかも(苦))

 

そういった理由もあって、室内撮りではあんまり使ってこなかったのですが、めんどくさくて使ってなかったSFDモード、これで撮ったら室内もいけるのでは?ということで初めてちゃんと使ってみました。

 

(ちなみにリカちゃんはRX100M5で撮りました。)

 

新たな撮影モSFD(Super Fine Detail)搭載ノイズを低より高精細な画像生成を可能にする
SFDモを新たに搭載

Quattroセンサーのパフォーマンスを最大限に引き出す、SFD(Super Fine Detail)モードを搭載。一回のレリーズで7枚の露出の異なる画像を取得し、専用のRAWデータ(X3Iファイル)を生成。SIGMA Photo Proを使用して、このRAWデータから、ダイナミックレンジが広くノイズレスな画像を生成することができます。これにより、Quattroセンサーの更なる高精細で豊かな表現が可能になります。X3IファイルからそれぞれのX3Fファイルを分離することも可能です。特にスタジオでのスチル撮影などに真価を発揮します。
※ブレによる影響を防ぐため、三脚の使用をお奨めします。

www.sigma-global.com

 

 

こいつは凄かった。

 

昔撮った雑な写真が… f:id:emalisa:20151209234356j:plain

 

こうなる!!

 

SDIM3385

 

この差!!(笑)

 

(ガラス汚くてすいません…) 

 

もう逆光も怖くないぞ!

 

sd quattroに変えてから悩まされてきた暗部ノイズがほんとに無い…!!

ほぼ目で見たままのダイナミックレンジ!!

フラッシュ焚くより自然!

5DでHDRするより奥行きも感じる!

ディテールも残る!

撮るのも楽!

色に脚色された感も無い!

これはWEB内覧会向き!

 

ついに我が家の本来の雰囲気を伝えられた感!

 

弱点は1枚のファイルサイズが300MBを超えることですね(爆) 

一回シャッター切るのにかなりの覚悟を要します。

あと、強いて言うなら、ハイライト部分の色が若干消失することが課題かなという気がしました。現像テクの領域かもですが。

 

quattro Hに買い替えたくなってきた…。

 

こっちがquattro H。さらに高画質なのです…。 

またひとつ知ってはいけないものを知ってしまった…。

悩む…。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ