読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名建築家に依頼して注文住宅が出来るまで

ローコストではないものの、予算ぎりぎりのこだわりの家造り。完成までの苦労話や注意点などをご紹介。2015年8月完成しました。

柳生の庄



おはようございます。旦那です。

皆さんGWいかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家は伊豆へ旅行にいってきました。、

そこでお邪魔した修善寺「柳生の庄」という旅館のご紹介です。

今までは泊まるところなんて安さ重視という考え方だったんですけどね〜

自分の家に負けない所に泊まりたいという欲望に負けて、
今回は高いところに1日だけ泊まってみようと。

エントランスからやられました。

張り詰める心地よい緊張感


エントランスを曲がるといきなり現れる静謐な縁側



長いアプローチを抜けると辿り付く九重の間

部屋に入ると目に飛び込んでくるのは素晴らしい庭

玄関から部屋に辿り付くまでに用意された一輪挿し、土壁の絶妙な色遣い、照明計画全てがこのために用意された演出だったのかと


はぁ〜…(溜息

至る所に設置された剣持勇のアームレスチェアの座り心地の良さ

掛け軸まで素晴らしい


もちろんのように庭がメインの空間構成


絶妙な暗さの半露天

f:id:emalisa:20160508225548j:image

なんだこの出来の良さ

通路にも手を抜かない徹底ぶり

f:id:emalisa:20160508225620j:image

露天風呂は滝まで完備

f:id:emalisa:20160508225654j:image


完璧

で、こんな数寄屋造り全開の中、何気に水栓がvolaだったり、jieldeのフロアランプが置いてあったりするわけです。

憎い。

設計、大工、左官、庭師全員が良い仕事しすぎです。

ホスピタリティと食事もまた素晴らしい。
写真では伝えられません。
とにかく行ってみてほしいです。
ある水準を超えた建物、ホスピタリティ、料理が組み合わさることで、ここまで景色が変わるのかと。
ホテルというものの一つの極地を見た気がしました。

旅行の醍醐味は惰性の2泊3日より全力の1泊2日にあったようです。
今度から泊まるところはちゃんと選ぼうと思います…

あ〜次は紅葉の季節に離れに泊まりたい…
仕事頑張る!