読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名建築家に依頼して注文住宅が出来るまで

ローコストではないものの、予算ぎりぎりのこだわりの家造り。完成までの苦労話や注意点などをご紹介。2015年8月完成しました。

Web内覧会:洗面所の変なところ

Web内覧会



今日は、洗面所の変なところをご紹介(紹介するようなものでもないのですが…)します。

 

変なところというか、設計がおかしいところなのですが…

 

まずは全体像をごらんください。

f:id:emalisa:20151007113110j:plain

 

洗面台にタオルかけがついているのですが、わかりますでしょうか?

 

そう、左下についてますね。

f:id:emalisa:20151021103018j:plain

 

これなんですけど。

 

一見普通に見えますが、何が変って、ついている位置がおかしすぎるのです。

 

だって、洗面台の下に置いてある椅子の高さと同じくらいの位置についてますよね。

 

どのくらいの高さかというと、洗面台の下端は床から45㎝の高さです。

 

タオルがかかるバーの部分は、なんと床から38㎝の高さです。

 

 

どう考えても低すぎます。

 

手を拭くために、かがむどころか、跪かないと拭けません。

 

なんなら、タオルが床についちゃいます。

 

洗面台の横はガラスだし、ここにつけるしかなかったのかもしれませんが、

はっきり言って使えません。

 

今すぐ外してほしいくらいです。邪魔だから。

 

つけるときにおかしいなとか思わなかったのかしら…。

一言聞いて欲しかったなあ。

図面通りっちゃ図面通りなんですけどね…現場でも判断して欲しかったな。

 

 

というわけで、我が家のタオルかけは

f:id:emalisa:20151021104113j:plain

これを急遽ガラスにくっつけました。(両面テープ)

見た目はあまりよろしくありませんが。

 

 

タオルをかけると(というか押し込むと)

f:id:emalisa:20151021104219j:plain

こんな感じに。

 

許せなくはないかな…。

 

とりあえずこれで落ち着いておりますが、タオルかけについて何か良いアイディアがありましたら教えてくださいませ…。

 

f:id:emalisa:20151021110241j:plain

ちなみに洗面台の厚みは、25㎝です!

分厚い!!

特に収納などはついていません。

 

初めて見たときはその分厚さにびっくりしましたが、

重厚なので高級感が出るのと、配管がほぼ隠れるので、すっきりしていて気に入っています。

 

 

洗面周りはこんなところかな〜。

次はリビングに戻るかどうしようか…。

 

 

 

 

↓↓↓記事を書く励みになります!よろしければ下のボタンをクリックしてくださいませ!↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ