読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名建築家に依頼して注文住宅が出来るまで

ローコストではないものの、予算ぎりぎりのこだわりの家造り。完成までの苦労話や注意点などをご紹介。2015年8月完成しました。

なぜ家を建てようと思ったのか その1

家造りの動機



ハイ、今日はタイトルの通りですが、

「家を建てるきっかけ」について少し触れたいと思います。

 

遡る事約2年・・・2013年の夏のことです。

当時、我が家は都内の賃貸マンションに住んでおりました。(今も住んでるけど)

その年の1月に長女が産まれたこともあり、

家族全員の保険について見直そう!ということで、

ファイナンシャルプランナーの方に相談をしたわけです。

 

でまあ、医療保険はこんなのがいいんじゃないか、とか

いろいろなお話の中で、

「ライフプランニング」というものが出てきました。

簡単に言ってしまうと、家族構成と世帯収入、支出を

計算し、平均寿命くらいまでの総収入、総支出、貯蓄額などを見てみましょうってやつです。

昇給や子どもにかかる学費なんかも考慮されていて、

けっこう本格的なんですよ。

 

で、その中で「住居費」という項目がありましてね、

そこの数字がね、おかしいんですよ。

いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、おく、、、

億!?

え、何それ!このまま今の家に住んでいたら、

賃料で一億円以上支払うの!?

そりゃ都心には近いかもしれないけど、

築35年で1LDKで50㎡もないこの家で一億円!

ウォシュレットもついてないしビルトインコンロでも

オートロックでもないこの家で!!

収納も少なくて洋服やおもちゃが散乱しているこの家で!!(これは責任転嫁かなあ)

 

・・・このときに、夫婦で決意した訳なんです。

家を買おう。

家族も増えた今、ずっとこの狭い家にも住んではいられない。もっと広い賃貸だと家賃がン十万になってしまう。

賃貸だといくら高額な家賃を支払っても何も残らない。

それだったらいっそのこと家を買って少しでも資産になれば、と。

 

まあありがちな理由かもしれないですが、

我が家が家を建てようと思ったきっかけはこれです。

 

しかし、「家を買おう」まではいったものの、

「建てよう」とは最初は思っていなかったのです。

次回は、なぜ「建てよう」と思ったのか!です!

つづきまーす!